顧問契約の詳しい内容についてご説明いたします。

顧問契約いただいたお客様は電話・メールでの相談は随時受け付けております。

 

毎月訪問の場合

 

①試算表・予測実績表にて会社の状態をご説明します。

これまでの実績と予測を組み合わせた予測実績表を作成し、現在の経営状況と納税予測のご説明をします。

これをもとに、社長のお考え、今後の戦略等をお伺いした上で有益な提案をさせていただきます。

 

②決算申告

会社の1年間の経営の集大成として、決算書を作成致します。

毎月の訪問で、その時点での納税予測を出していますから、通常大きな増減はありません。

決算の数字をご説明して申告書の作成を致します。

申告は、基本的に電子申告で行っております。

決算書のほかに、決算分析報告書、 キャッシュフロー計算書等の社内資料も作成致します。

 

 ③源泉徴収事務

法人は、役員報酬・給与から源泉徴収した所得税、報酬の所得税を毎月、または年に2回納付しなければなりません。

納税額の計算と、納付書の作成を当事務所でさせていただきます。

経理簡略化のため、源泉税の電子申告・ネットバックでの納付のセットアップも行います。(御社のパソコンで申告納付できます)

 

④届出書の提出

税務署、市役所、県税事務所に提出する書類の作成と提出を致します。

 

⑤自計化支援

会計ソフトを導入して御社で入力をされる場合、ソフト導入からお手伝い致します。

仕訳がわからない等のときは、お電話やメールでいつでもご質問ください。

 

⑥税務調査立ち合い

税務調査の立ち合い、税務署との交渉、修正申告がありましたら、その申告書の作成と提出を致します。ただし、こちらだけは追加料金を頂いておりますのでご了承ください。

 

 

 

 四半期(3月に一回)訪問の場合

 

上記①の御社訪問が3月に一回となります。試算表は毎月お送り致します。その他は毎月訪問の場合と同じです。

取引が多い、売上金額が大きい場合等は、事務処理も多くなり多額の

納税も予想されますので、節税の面からも毎月訪問をおススメしております。

 

 記帳代行込のコース

 

前月分の領収書、請求書等を郵送でお送りいただくか取りに参ります。

前月分の資料を当事務所で入力し、不明点、不足資料については随時お電話でお尋ねしますので、ご回答ください。

 試算表、資金繰り表ができましたら、御社にお持ちして社長にご説明となります。

 

 顧問料について

 

顧問料について、当事務所では売上を基準とさせて頂いております。

従いまして、事業年度ごとに顧問料及び決算料の見直しをし、顧問料が変わる場合は新たに契約を結んで頂くことになります。

もちろん、売上だけではなく、資金繰り等も勘案してお客様にご納得頂いての契約となります。